家計整理

整えることでうまく流れる

少し前から「家計整理」を学び始めました。

子どもが生まれて家を持って、教育費や老後のことにも漠然とした不安があった私。でも、出産後は家計簿もほんとに続かず、何となくで家計を回していました。
回っていたからよかったものの、これからのことも考えて一度ちゃんとお金について学んでおきたいと思ったのがきっかけです。

お金の話って、家族や周りの友達としていますか。
なかなか話題にはならないですよね。

私もお金に対するイメージはこれまで、「お金の話をするのは何かよくない気がする」「使ったらすぐなくなる」とか、「とにかく貯めないと不安」・・・なんていう、どちらかというとマイナスのイメージでした。

家計整理を学んだことで、お金の流れを整え始めたことで、そのイメージは随分変わりました。
お金は一つのツールであって目的ではないんですよね。

今まできちんと見ていなかったお金の流れを整理すると、今の暮らし方を客観的に把握でき、これから先の希望も見えてきました。
心理学や行動経済学に基づいた内容も腑に落ちることが多く、気づきがたくさんありました。

お金の話はお金自体の話ではなく、お金をどう活かしてどんな未来を描くのか。
何より、関係ないと思っていた別のことも家計を整理する過程で整ってくることが分かってきました。

モノが増えていく家の中の整理をしようと思いつつ、重い腰がなかなか上がらずにいたのですが、「いつでもすぐ書ける」環境に整えることは私にとっては大事なこと。

精神論や理想論ではなく、かなり堅実的な内容だったのも私にはよかったみたいです。
何事も小さな一歩からですね。

 

スポンサーリンク
日日つーしん