日々あれこれ

ドイツ語の勉強をゆる~く始めました

2年前、11年振りに行ったドイツ。
今の状況考えるとよく行っておいたものだと思います。 

母と子どもを連れての旅行。しかも海外。いろんなことを想定して結構たくさんの荷物で出かけてしまったのを思い出します。 

約12時間のフライト。子どもが退屈しないようにと考えたり、足が痛くならないように膨らませられるクッションを持って行ったり。母が食事が合わなければいけないと思って、インスタント味噌汁や梅干しも持って行ったりしました(笑)実際には必要のなかったものが大半でした・・・。 

家族の中でドイツ語を喋れるのは私だけ。
私もドイツ語の勉強からすっかり離れた生活をしていたので、行くことを決めた数ヶ月前から少しでも感覚を取り戻そうと、車の中でドイツ語学習のCDを聴いたり、簡単なドイツ語会話の本を読み直したりしました。

正直、かなり不安のままドイツへ飛んだのですが、喋っているうちに少しずつドイツ語やドイツ語を話す感覚が戻ってきました。
一週間後帰る頃には、自分が話すドイツ語に「日常会話ならまだ何とかなるな」という実感も持てました。聞き取るのはそれほど苦労しなくても、話す感覚を取り戻すのはやっぱり時間がかかりますね。

この感覚を忘れたくないと、帰ってきてすぐの頃は自分の中でまたドイツ語熱が高かったのですが、時間が経つうちにそれも徐々に下がってきてしまっていました。

ドイツにいた頃にお世話になった家族のお父さんとメールのやり取りをするのにも、最近は単語思い出せず書くのに時間がかかるようになってしまいました。

このままではまた今度ドイツに行けるようになった時に慌てそう。
そうならないようにしたい。

そこで、ゆっくりドイツ語の勉強を始めることにしました。

毎回「さあ、ドイツ語の勉強するぞ!」と言って頑張る勉強は、私の場合多分続きません。
それに今すぐはドイツ語の勉強のための時間を新しく作り出す余裕もなさそうです。
なので、無理せず細く長く続く仕組みを考えて


やり始めたことは2つあります。

まず一つ目は、一人で車に乗る時は必ずドイツ語のCDをかけるということ。

短い時間ですが仕事の行き帰りに車を使うので、車の中で聴くことを習慣にしておけば必ずドイツ語を耳にすることになります。

車の中だとシャドーイングをしていても周りを気にせずに済みます。

今聴いているのは、「CD2枚付 耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング」です。

とても聴きやすい上に短めの文章がたくさん入っています。
いろんなテーマでドイツ語を聴けますし、内容も面白いのでおすすめです。
以前から持ってる古い方を聴いていますが、改定版も出ているみたいです。

CD2枚付 改訂版 耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング | クリストフ・ヘンドリックス, カタリナ・ムレンス・ゴリ, 近藤 美樹子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでクリストフ・ヘンドリックス, カタリナ・ムレンス・ゴリ, 近藤 美樹子のCD2枚付 改訂版 耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング。アマゾンならポイント還元本が多数。クリストフ・ヘンドリックス, カタリナ・ムレンス・ゴリ, 近藤 美樹子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またCD2枚付 改...

そして二つ目は、 メールのやり取りを少し増やすこと。

これまでも季節ごとにメールのやり取りはしていたのですが、ここ1年はお互い元気でいることを確認するために、前よりもメールのやり取りが増えました。

ただ、今の私は返事をするのにちょっと複雑なことを書こうとすると時間がかかるので、 私から先に送るより向こうからメールをもらって返事をする方が多いのです。 送りたい気持ちはあるのですが。

もう少し自分から積極的にドイツ語でメールを書くこともしてみたいと思います。 
こちらは勉強というより、「連絡したいと思った時はすぐしよう」と決めたということ。

今はドイツにいる先生からオンラインでドイツ語レッスンも受けることができる時代。私の学生時代から考えたら、ドイツ語に触れるチャンスは本当にたくさんあります。 

まずはしばらくこの二つの方法を試してみて、 自分のドイツ語力の変化をみてみようと思っています。

スポンサーリンク
日日つーしん